COKON LAB(ココン・ラボ)

STORY

「シルクで、人の肌を癒やし、暮らしを潤す。」

かつて養蚕業で栄えていた街、熊本県山鹿市。
この街で、シルクの未来を明るくする挑戦が始まったのは2014年。
古くから我々と共に生きてきたシルクは、
今、人を癒やす効果がある素材として、世界中で研究が進んでいます。
シルクは、人にもっと近く、かけがえのない存在になります。
我々が育てているのは、そんな未来に必要なシルクです。
古今東西、大切に守られてきたシルクと人の未来を、私達の手で作っていきたい。
熊本で生まれた未来のシルクで、人と、その暮らしまでも潤していきます。

やまがシルク作りによるSDGsへの貢献